分析技術研修会

title_image

分析技術研修会

新着情報(平成30年9月更新)

年  度 付  議  事  項
平成29年度 第22回
平成29年11月14日 13:00〜16:30
静岡県工業技術研究所 講堂・研修室
出席者数:48名
研修1「測定時間は約1分・校正不要」
クーロメトリー方式アンモニア測定

           講師 セントラル科学(株)
               技術部 寺沢 啓 氏

研修2「光で簡単・低コスト」藻類発光法による排水等の生態毒性評価
            講師 浜松ホトニクス(株)
                中央研究所 竹内 彩乃 氏

研修3 改正RoHS 追加規制物質
     
「フタル酸エステル類」の最新測定技術

            講師 (株)日立ハイテクサイエンス
                応用技術部東京応用技術一課 大川 真 氏

展示機器見学
「化学物質のリスクアセスメントの概要と手法」

            講師 立華(株)
                取締役社長 労働安全衛生コンサルタント 目黒 輝久 氏

過去の情報

年  度 付  議  事  項
平成28年度 第21回 研修1「JIS K0102 2016年改正の概要」
・改正の経緯
・主な改正内容
・溶存酸素測定の留意点
           講師 東亜ディーケーケー(株)
               開発企画部 渡邉 昌之 氏
研修2「蓋付試験管を用いた吸光光度法によるCODcr測定の原理と測定の留意点」
            講師 東亜ディーケーケー(株)
                HACH技術部 楢崎 夕子 氏
研修3「光学式センサーを用いた溶存酸素測定の原理と測定の留意点」
            講師 東亜ディーケーケー(株)
                HACH技術部 佐藤 幸映 氏
研修4「全水銀測定法(水銀専用還元気化原子吸光装置および加熱気化
-金アマルガム捕集冷原子吸光法)の原理と測定の留意点」
            講師 日本インスツルメンツ(株)開発グループ
                応用技術チームリーダー 日下 雅明 氏
研修5「生物応答を用いた排水評価(WET)・管理手法と工場排水管理への適用例」
            講師 いであ(株)環境創造研究所 環境リスク研究センター
                リスク評価部 澤井 淳 氏

 

年  度 付  議  事  項
平成27年度 第20回 ・GC/QMSによる材料・環境分析ソリューション
   ~改正RoHS指令対応フタル酸エステル類の
           ハイスループットスクリーニング分析~
・土壌汚染対策法にからむポータブルGCのご紹介
・環境分析における原子吸光光度計、ICPの使い方のコツ
   ~試料調製から測定まで~
平成26年度 第19回 ・はじめてのマイクロ波前処
   ~微量分析前の楽・早・安全!酸分解・溶媒抽出・酸素燃焼~
・異物検査
   ~FT-IRの基礎及びアプリケーション例のご紹介
平成25年度 第18回 ・「空気中アスベスト測定の最新動向について」
・「建材中のアスベスト測定について −ISO法およびJIS法の解説−」
・技術グループ報告
   第一委員会「平成25年度精度管理結果報告」
   第二委員会「平成25年度ガスメーター検査の報告」
   粒子状物質(PM 2.5)の成分分析について
平成24年度 第17回 ・基礎セミナー「高精度な計量を実現するために」
・基礎セミナー「pH測定の原理とデータの信頼性と再現性をたかめるには」
・技術グループ報告
   第一委員会「平成24年度精度管理結果報告」
   第二委員会「平成24年度ガスメーター検査の報告」
   第三委員会「平成24年度外部精度管理概要報告」
平成23年度 第16回 ・環境保全ハンドブック2011の改訂について
・「SPME法」について
・「桁違いの元素分析装置MP-AES」の紹介
・技術グループ報告
   第一委員会「平成23年度精度管理結果報告」
   第二委員会「排ガス中のダスト濃度の測定について」
   第三委員会「平成23年度外部精度管理結果報告」
平成22年度 第15回 ・匂い嗅ぎGCによる臭気分析
・環境及び食品分野における最新のオートアナライザ(連続流れ分析法)
・阪神淡路大震災と東海地震の違い
・技術グループ報告
   第一委員会「平成22年度精度管理結果報告」
・ホームページの活用による協会活動の活性化